トップ

入居

不動産賃貸には審査があります

アパートやマンションなどの不動産を借りる時には、入居手続きの後に審査があります。契約書などの必要書類に記載された内容に間違いや偽りがないか、収入や勤続年数を確認されて、家賃の支払いに支障が出ないかどうか、などがその対象です。契約時に連帯保証人が必要な場合にはその保証人についても審査されますので、注意が必要です。不動産を借りることは法律に基づいた契約ですので、安易に契約するのは避けなければなりません。書類の内容がよくわからなければ、詳しい人に同席して貰って、しっかりと理解してから記名押印しましょう。

入居手続きをする時は注意が必要

希望の賃貸物件が見つかったら、入居手続きをして大家と不動産会社の審査を受けます。まず、本人の職業と収入から家賃を払い続けることが可能か調べます。勤務先は、公務員や大手企業など安定していると良いのですが、勤続年数が短い場合は審査に通らないこともあるので、注意が必要です。次に保証人ですが、親が高齢で年金暮らしをしていると、保証人になれないことが多く、不動産会社から、家賃保証会社の利用を勧められることがあります。他には、転居理由についてですが、就職や転勤、進学などは問題ないのですが、しっかりした理由がないために入居を断られる人もいます。

↑PAGE TOP