トップ / 不動産投資で税金の対策を

入居

不動産投資で税金対策

不動産投資を行うことで、税金対策が可能です。賃貸経営で得られる家賃収入には所得税が課税されます。賃貸経営で経費が支出されれば、収入金額から差し引くことができるので、所得金額を少なくできます。所得税の課税は所得金額に対する税金ですから、節税効果になります。不動産投資では、収入と所得を分けて考えるようにしましょう。更地の土地を所有しているだけの状態よりも、建物が建築されているほうが固定資産税が安くなる傾向にありますので、賃貸経営そのものが節税効果に繋がります。

不動産経営には情報が大事

サラリーマンの中には上手く不動産投資を行って、給料以外のお金を稼いでいる人もおります。アパート経営で成功するには良い物件にめぐり合うことが非常に重要であり、そのためには情報収集がとても大切になります。良いアパートなどの情報はなかなか見つけることが出来ないので、普段から色々な情報に対してアンテナをはっておき、できれば不動産業者とも仲良くなっておくことが有効になるでしょう。業者から得られる情報の中には一般公開されていないものなどもあります。

↑PAGE TOP